採用情報
RECRUIT

社員を知る 設備技術チーム 大内 聖也

良かったこと・学んだこと

たとえ失敗しても、その先につながる経験になっていく。

高速で絶え間なく稼働する大型の印刷機械は初めて触れるものばかりだったので、最初は右も左も分からない状況でした。しかし先輩方が丁寧に教えてくれたので、少しずつ技能を身につけることができています。工具の使い方にしても、それぞれにコツがあり、仕事だけでなくプライベートの趣味においても使う機会を増やしながら、技術を磨いていきたいと考えています。ほかにも、私が取り扱っている機械類が故障しないよう改善点を探したり、事前点検に対応したりするなど、故障を見越して先の行動がとれるよう知識を広げて技術を身に付けたいと思います。日常の業務を通じて社会人としての心構えを学べ、たとえ失敗してもその先へつながる経験になっています。現在はエネルギー管理士の資格取得に向けて勉強しています。

モノづくりが滞りなく進行するようサポートするのが自分の役割。

現在の仕事内容は?

モノづくりが滞りなく進行するようサポートするのが自分の役割。

私の仕事は、機械設備の修理や点検などを通じ、工場全体の業務が安全に滞りなく行えるようにサポートしていくことです。特に機械に不備があったときには、早急に修理しなければなりませんが、機械が停止していることをしっかり確認し、安全面にも注意を払いながら業務を行うように心がけています。水戸工場に導入されている機械・設備は多種多様で、特に印刷機の構造は複雑なものが多いため、覚えなければならないことが多岐にわたることから、日々の業務の中で実践を繰り返しながら、技術習得に努めています。

入社したきっかけは?

進路担当の先生からの勧めが、就職活動のスタート。

もともと製造系の企業に就職したいと考えていたこともあり、高校の進路担当の先生がこのトッパンプロスプリントを勧めてくれました。入社してみると休暇も取得しやすく、福利厚生もしっかりしているため、とても働きやすい職場だと感じています。私が所属するチームの先輩だけでなく、他チームの先輩の方々もよく声をかけてくれます。入社同期の仲間とも繫がりが深く、仕事を離れた場でもエンジョイしています。とにかく会社全体が良い雰囲気で、プロスプリントでずっと仕事を続けたいと思っています。

仕事のやりがいは?

自分の力でトラブルに対応できたとき、やりがいを感じる。

自分の力で突発的なトラブル処理に対応できたとき、一番やりがいを感じます。機械はいつどんなときに故障するか見通しがつきにくいため、先輩が不在のときであっても突如不調になることがあります。そんな時に、これまでの経験を活かし自分の力でトラブルに対処できると、自分自身が成長していることを実感でき、これからの仕事に対する励みになります。職場で学んだことを、色々な機会に臨機応変に活用することによって、職場の皆さんに信頼されるよう頑張っていきます。

自分の力でトラブルに対応できたとき、やりがいを感じる。

苦労したエピーソードは?

突然の機械トラブルに即対応しなければならないことが一番大変。

突如、機械が不調になることもあり、その際、即対応しなければならないことが、私の仕事の中で一番大変だと感じているところです。故障内容によっては、一日中修理作業を行うこともあり、日常業務とは別に突発的な仕事が入ってくることがあります。たとえば、打抜機の配管に抜きカスがつまってしまったことがあり、どの配管がつまっているのか一つひとつ確認しながら除去しなければならず、10時間にも及ぶ作業となりました。しかし、修理が終わった後の達成感は何度味わっても気持ちが良いもので、工場の要である機械設備の保守・保全を担当していることに誇りと責任感をもって、日々仕事をしています。

突然の機械トラブルに即対応しなければならないことが一番大変。