採用情報
RECRUIT

社員を知る 総務部 鬼澤 舞

良かったこと・学んだこと

多くの人と関わることができる総務の仕事に、魅力を感じる。

入社する前はもっと堅い会社だと思っていましたが、実際、先輩方とは話しやすく、温かな雰囲気でした。入社当時は何も分からない状態でしたが、先輩からきめ細かく指導していただき、今では現場の人からの色々な問い合わせがあってもスムーズに対応できるようになり、頼りにされる場面が増えてきました。また、学生時代は人前に出て話をすることが苦手でしたが、他部署や全国の事業所の方々と接する内に顔見知りも増え、次第に人前で話すことにも慣れてきて、自信がついてきました。まだまだ、語彙力やコミュニケーション力といった聞き手に分かりやすく伝えるためのスキルは不足していると感じていますが、多くの人と関わることができる総務の仕事に魅力を感じています。

人前に立つ仕事から裏方的な仕事まで様々な仕事にチャレンジ!!

現在の仕事内容は?

人前に立つ仕事から裏方的な仕事まで様々な仕事にチャレンジ!!

私は総務部に所属し、社員の皆さんの勤務実績を整理する事務作業や毎月初めに工場全体で行われる朝礼の司会進行、庶務業務など、多岐に渡る仕事を担当しています。社員の皆さんが働きやすい職場づくりのお手伝いをすることが私の役割であり、これまで経験した仕事の中で特に印象的だったのが、年に一回実施される『社内ビール祭り』の司会を務める仕事でした。この催しは、社員のほかご家族の皆さんも参加でき、夏季に開催される社内イベントで、冷たいビールも用意されており会食をしながら、参加者同士が交流できる場となっています。そんなイベントの司会者に私が指名され、正直驚きましたが、せっかくこのような機会をいただいたので、精一杯務めました。このように、総務として人の前にでる仕事から、裏方的な仕事まで色々な仕事にチャレンジしています。

入社したきっかけは?

小学生時代の水戸工場見学が入社のきっかけ。

私が入社したきっかけは、小学生の時に参加した工場見学でした。当時から、当社は近隣小学校の工場見学を受け入れていて私も参加しました。私たちを案内してくださった担当者の方は、とても明るく、笑顔の素敵な女性の方で、私も将来はこんな大きな工場で、あの時の女性社員のようになりたいと思いました。就職活動をする中で、福利厚生も充実し、育休・産休制度など女性が働きやすい職場環境も整っているということを知ったのも希望した大きな理由です。

仕事のやりがいは?

プロスプリントは、社員が成長できるチャンスを与えてくれる会社。

正直なところまだ見つかっていません。トッパンプロスプリントは、社員が成長できるようなチャンスを与えてくれる会社です。だからこそ、まだ半人前の私にも多くのステップアップの場を設けていただき、その仕事に責任をもってきちんと対応することが今の私がやるべきことであり、会社の期待に応えることにもつながると思います。これまでに経験のなかった仕事に出会うこともあるでしょうが、きっと自分なりのやりがいを見つけることができると思っています。

プロスプリントは、社員が成長できるチャンスを与えてくれる会社。

苦労したエピーソードは?

もともと目立つことが苦手だったため、人前で何かすることに苦労した。

朝礼での司会進行など人の前に立つ機会が多かったので、最初は大変でした。私はもともと人の後ろに立っているようなタイプの人間でしたので、授業での発表はもちろん、人前で何かをすることがとても苦手でした。しかし、この会社に入社すると、司会や数人で編成されたチームでのグループワークで一つのことを成し遂げる『TPM活動』の報告発表など人前にでる機会が多くなりました。初めは、「先輩のようにできるのかな」「あまりやりたくないな」とネガティブな気持ちになりがちでしたが、経験を積んでいく中で、少しずつ自信につながり、その中にも楽しさを見出すことができるようになってきました。

もともと目立つことが苦手だったため、人前で何かすることに苦労した。